横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

症状別治療方法

耐え難くなるほどの肩こりや腰痛、これら症状が起きるのは?(40代、70代の方の症例)

一般的に多い症状は、やはり

慢性的な首の痛み肩こり腰痛です。

 

耐えられなくなる、寝てもいられない

状態のもの、 又は痛くて夜中に目が覚めてしまう

ものまで、様々な状態があります。

 

 

 

 

 

そんな慢性的な症状を抱えた方々を診ていて、

多くの方に共通することの一つとして、

 

自分に合わない物を毎日のように食べていることです。

 

 

 

 

以下のような患者様がおられます。

 

症例① 40代女性 「果物好きで、

毎日のように食べていた果物の影響で、

慢性的な肩こり首こりが起きていた。

果糖(ヨーグルトや飲料に含まれる果糖も含めて)が

今の体に合わない状態。果物食べ過ぎた結果」

 

 

 

 

 

症例② 40代男性 「炭水化物が好きで、

特に白米が好きで今まで沢山食べてきた影響が

首の張り、肩の張り、腰痛を起こしていた。

小麦、砂糖も今の体に合わない状態。

遺伝的に血糖値が上がりやすい又は、

糖の代謝が遅い、インスリンは出ているが

取り込む能力が低いことが影響して

いるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

症例③ 70代後半女性 

「脊柱管狭窄症と診断されて来院。

症状は少し歩くと痛くて歩けなくなり、

度々休まないと痛くて歩けない状態。

小麦が体に合わないこと、

毒素も溜まっているので排出すること。

改善には、汗をかくこと、

綺麗なお水を飲むこと(たくさん)

、体を温めること。

 

 

 

 

 

 

症例④ 70代男性 

「脚に力が入りづらく、

ふらつきの症状が起きている。

今まで10年以上薬も服用しており、

高血圧、尿酸値高、コレステロール高、

血糖値高、この為に薬を服用。

小麦、牛肉、豚肉、コーヒーが今の体に

合わないこと。

薬と今までの食生活で、

毒素が溜まった状態。毒素排泄が必要。

 

 

 

 

 

高齢になってくると、歩くことで起きる症状

(痛みや脚に力が入らないなど)が

多くなる傾向があります。

 

長年の食の影響で腸の状態に影響することで、

脚の筋肉が腸の状態と関係する為です。

 

 

 

当院は、キネシオロジーという方法で、

症状が起きている要因をお調べして、

その方に適した方法を施し、改善してきます。

 

 

 

 

自分に合う物(食材)を知ることの重要性については、こちらからもご覧ください

その他の慢性的な肩こりや腰痛と様々な症状が複合した症例は、こちらからもご覧ください

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分