横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

症状別治療方法

慢性的な肩こり、頭痛、皮膚が痒くなるアレルギー症状、顎関節が痛い慢性疾患改善症例

はじめまして、横浜ホリスティック治療室の院長 国田康二と申します。

 

慢性的な肩こりや頭痛、それに加えて皮膚が

痒くなるような、アレルギー症状がある方も

増えています。

 

このような、肩こりや頭痛に加えてアレルギー症状が起きる原因と

その改善方法について、ご説明させて頂きます。

 

 

 

肩こりや頭痛に加えて、「皮膚のアレルギー」「胃腸が悪い」「めまい」など複数の症状が起きていました

(症例)Sさん 女性 (40代)

(症状)

45年前から慢性的な肩こり

 

・頭痛(特に後頭部の痛み)

 

・皮膚のアレルギー症状

(皮膚が痒くなる特に背中と腕)

(右目まぶたにブツブツができる、

 鼻炎、目の炎症が起きやすい)

 

・胃腸の調子が悪い

 

・目が辛くなる

 

・めまいも起きることがある

 

・顎関節辺りが痛む

 

 

 

体の痒みは「体の毒素を排出する為に起きている表れ」

体の痒みは、体の毒素を排出する働きで起きる事があります。

(治療経過)

この方は、お子さんを一人で育てていて、

昼間は仕事、夜は家事、育児と休む暇がない

生活をされていました。

 

45年前から慢性的な肩こりがあり、

マッサージや鍼をしても、その時は良くなる

が、数日で戻ってしまうので、

根本から改善したということで、来院されました。

 

アレルギー症状も多く、特に皮膚の痒みが辛いようでした。

この痒みは、体に溜まった毒素を体が排出する為に

起きる反応であることがあります。

 

それは、多くの方が普段食べている物や、

または、ストレスで体に毒素が増え、

多くの方が綺麗なお水を飲んでいないことで、

体に溜まった毒素を排出できない状態にあることで起きる事があります。

 

体が毒素を排出する為に反応であり、

こうして体は毒素を排出することを行うのです。

このような理由で「体の痒みが起きること」があるのです。

 

綺麗なお水をたくさん飲むことの意味については

こちらをご覧ください

 

 

 

 

体が痒くなる時期から「その原因がわかる」

体が痒くなるアレルギー症状は、「その起きる時期によって原因がわかる事が
あります

もし、10月から3月までの寒い時期に

痒みが起き始め、暑くなってくる季節になる

と痒みが減ってくることが毎年あるなら、

水の摂取が少ない事で、体内に毒素が溜まっ

ていることで体の不調が起きている可能性が

あります。

 

水が「毒素」の排出を促進してくれるのです。

しかし、普段水の摂取が少なってくると汗や尿として

毒素が体内から排出される事が少なくなってしまいます。

 

この方はこうした要因で、痒みが起きていました。

 

「体の痒み」に関しては、こちらをご覧ください。

 

 

 

 

慢性的な肩こりの原因とは?

慢性的な肩こりを根本から改善するには原因を明確にすることが重要です。

慢性的な肩こりは、

多くの方に起きる症状ですが、

「慢性的な肩こり」が起きる要因は、

人によって様々な要因があります。

 

(原因となる事)

・自分に合わない物を気づかないで、

 日常で多く摂っていること

 

・ストレスが多く、このストレスが当たり前になっていると

 その表れは体に出ます。これにより肩や首の張りが慢性化する

(休息の時間が少ない、リラックスする時間が少ない)

 

・人間関係のストレスが、常にある。

 

・過去に事故や外傷があると「硬膜」の問題を起こす。

 

 

上記のように、その方の 生活習慣や食生活、過去の事故や外傷など個人的な

経験の違いがあり、このように要因は様々ではありますが、このような要因が

あると、「肩首の症状が起きやすくなります」

 

※食べる物が体に与える影響についてはこちらから

※事故や外傷の影響についてはこちらから

※人間関係の影響についてはこちらから

※硬膜の影響についてはこちらから

※花粉症等アレルギー症状についてはこちらから

 

 

 

 

 

胃腸の問題は、ストレスが要因で起きる

胃腸の問題はストレスとも大きく関係しています。

胃腸の問題も、遺伝的な影響がありますが、

ストレスと関係していることが多いです。

 

顎関節の問題も、先ほどの「硬膜」の影響が

あることが多く、噛み合わせや小さい頃の

「歯列矯正」が影響していることもありま

す。

 

※胃腸の影響が、首に影響することは、こちらからご覧ください

※「噛み合わせ」の影響に関してはこちらをご覧ください

 

これら様々な影響は、自律神経を乱します。

結果、様々な症状を起こすことになります。

 

※自律神経に関しては

こちらをご覧ください

 

 

 

女性の子育てや家事、仕事の両立など
(忙しすぎる生活が症状を起こす原因)

子育て中のママさんの忙しさは、
体にかなりのストレスを与えています。

このような女性の生活には、

子育てと仕事、家事などたくさんのやるべき

ことがある為に、心身共にストレス溜まった

お母さんは多いです。

 

また、今はお一人でお子さんを育てている方

多いですから、このような事から症状が起

ことが増えています。

 

その忙しさの表れは、「ふくらはぎが攣る」という形で表れます。

これは、副腎という臓器の反応でもあります。

ストレスを抱えた多くの方が、「ふくらはぎの攣り、痛みや張り」を

言われることが多いのはこの為です。

 

※副腎に関して

詳しくはこちらをご覧ください

 

※薬が副腎に与える影響については

こちらをご覧ください

 

 

 

 

ストレスの影響も考えた施術が必要です

(行った治療方法)

このような方は、慢性的な肩こりと同時に

トレスの影響も考えた施術が必要になりま

す。

 

ストレスとは下記のように様々あります。

 

 

 

 

・ストレス要因 (化学物質)・医薬品、添加物、化粧品、シャンプー、殺虫剤など

(物理的なもの)・気圧、温度、湿度の変化、騒音、放射線、電磁波など

(肉体への負担)・手術、事故、外傷、炎症、感染など

(肉体的な疲労)・過度な労働、寝ていない状態、肉体労働など

(精神的なこと)・悩み、人間関係、親子の関係、夫婦関係など

 

 

どのようなストレスから症状が起きているか?これをまず明確にする必要が

あります。この方のストレスは、精神的なことから起きていた感情の問題があ

りました。その為、感情の解放という治療が必要でした。

 

※感情の解放に関してはこちらから

 

 

あと、この方の場合、ストレスで全身が過緊張しており、

全身の過緊張した筋肉の施術が必要でした。

 

慢性的な肩こりが起きる理由の一つに、

過剰に緊張した筋肉の影響が、他の筋肉に与えるという問題があります。

この筋肉のアンバランスな状態を改善することが、とても大切です。

 

もう一つ、

筋肉は臓器と関係している為、筋肉の状態を正常化することで、

その筋肉と関係している臓器の働きを良くすることが出来ます。

(臓器の状態=筋肉に表れる)

 

具体的な施術方法は、筋紡錘、ゴルジ腱という

どの筋肉にも備わった神経の働きに重要な部分の施術を行いました。

(この施術を受けている方は、マッサージを受けている感覚です)

 

※筋紡錘、ゴルジ腱に関しては

詳しくはこちらをご覧ください

 

 

これら様々な治療を行い、

計8回で改善しました。

 

 

 

ストレスが体に与える影響について詳しくは
こちらからご覧ください

院長からのメッセージ

院長 国田康二

(簡単なプロフィール)「資格」

塩川スクールオブカイロプラクティック本科卒業資格

塩川スクールオブカイロプラクティックガンステッド

                  学部卒業資格

タッチフォーヘルス レベル1~4           終了資格

キネシオロジー学会 臨床セミナー            終了資格

(社)アスリートウオーキング協会 アドバンス講座

                      終了資格

キネシオロジー体験会&健康勉強会 主催

病気予防(健康勉強会)朝活    主催

(社)自然予防医学推進協会 講師 理事

 

 

※(社)自然予防医学推進協会については、こちらからご覧ください

 

 

 

(院長のメッセージ)

現在は多くの「病院でも原因がわからない症状」で

悩まれておられる方も多く、こちらには、そうした

お問い合わせを多数頂いています。施術だけではなく、

生活習慣、食生活を改善することが不可欠です。

こうした施術以外の生活習慣、食生活、ストレス軽減

これらを「生活の中にいかに落とし込む事が出来るか?」

これが「根本から改善するポイント」です。 

 

【毎週金、土曜日に健康勉強会も行っています】

 詳しくはトップページの左上をクリックしてください!

 

同じ(社)自然予防推進協会の仲間であり、お友達であり、優秀な医師である

半農半医を実践されている豊田孝行医師の指導や助言も患者様にお伝えし、

又、豊田孝行医師が実践されている栄養療法を受けたり、又は予防医学セミナーの参加で

生活習慣や食生活の大切さを知って頂き、健康に対する意識を変えて頂く事も行っています。

 

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

オンライン受付時間
(9:00~17:00)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分