横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

症状別治療方法

頭が揺れる症状と同時に鬱的な気分になること

鬱的な気分になることは、

少なくとも、人生で一度は

ある方も多いかもしれません。

 

 

 

 

 

ここ数年、問い合わせで多く頂くのが、

頭や体が揺れるという症状

鬱的な症状が伴った症状です。

 

 

 

 

この身体の症状と気持ちの部分の

症状が同時に起き始める事が

あります。

 

 

 

 

 

 

女性の方が多いのですが、

生理の変化や妊娠、出産という

性ホルモンの増減が起きている時に

身体の症状(ふたつき、揺れ、めまい)が

起き始めることもあります。

 

 

ふらつき、揺れに限らず、視界が斜めに見える

症状や 手先や体の至る所が、チクチク痛む

症状が起きることもあります。

 

 

 

 

 

このような方の中には、今まで何年も病院で

出される精神安定剤を服用していて、

医師を信用して、何年も普通に飲んでいる方も多く、

ある時、生理の変化で精神安定剤の副作用が

ある事に気づくこともあるようです。

 

 

 

 

又、病院では、この心身の症状が

同時に起きていても、別個に考えるので、

結果、心療内科にいくことになります。

しかし、ご自分では体の揺れる症状は、

これは気持ちの部分だけではないと

感じ、めまいの薬を飲んでも改善されないので

おかしいと思い、悩んで

問い合わせをされるケースも多いです。

 

 

 

 

 

病気と感じなくても、

誰でも気分が落ち込んだり、

元気がなくなったりすることや

自分はダメだと思うことは、

あると思います。

 

ですが、この状態が、

いつまでも続き、

同時に身体に何らかの症状が起きる事が

問題です。

 

 

 

 

イギリスでは、鬱と思われる方に

対して、医師はまず「運動」を勧める

といいます。

 

 

国によって、他の病気やこの鬱に対しても

対処の仕方が異なりますが、

この身体と気持ちや心の部分の

関係性があることの理解で対処が異なり、

薬の副作用による影響も減らす事に

なります。

 

 

 

 

 

 

脳で起きていることを

身体を使う事で改善するという

ことです。副作用の影響が

ないのであればこの方が良いと

誰もが思うはずです。

 

実際に私も臨床で、気持ちの問題

が気持ちの部分だけでなく、条件が

整えば、体を使う事で良くなっていく

ことを目の当たりにしています。

 

 

 

当院は、キネシオロジーという方法で

その方の起きている症状の要因をお調べして、

要因を明確にしてから、施術していきます。

 

食生活、生活習慣、ストレスの影響、

このような普段の生活の影響も要因として

多いです。その為にその方の症状の要因が

このような生活にある場合、その方に適した

生活の仕方もお調べして提案いたします。

 

 

 

 

 

頭や体の揺れの症状には様々な「特有な症状の表れ方」があります。詳しくはこちらからご覧ください

頭や体が揺れる症状が起きてしまった方の症例はこちらからご覧ください

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分