横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

感情の問題が体に影響を与えてしまうこと

症状別治療方法

感情の問題が体に影響を与えてしまうこと

 

今は持続的なストレスが多くなり、

常にストレスにさらされている状況にある方が

とても多いです。

 

 

 

 

しかも、現在感じているストレスだけではなく、

過去の出来事で記憶されたストレスに感じたことも

現在に影響を与えています。

 

 

 

 

人間の記憶の仕組みに「感情」が必要なことであり、

これは大昔の時代に人間が生き延びる為に必要であった

生きて行く中で身に付けたシステムです。

 

この「出来事と感情」がセットになって

記憶されるという、人間の記憶の仕方が、

今の時代では、多くのストレスを引き起こすことになっているのは、

なんという時代になってしまったのかと感じます。

 

この記憶の仕方がいろんな問題を生むことに

なっているのは、皮肉なことです。

 

現代はストレスの種類が一時的なもの

ではなくなってきてしまい、

少しのことでもストレスが多種多少にあることで

(たとえば、日々の嫌なニュースを聞いてしまうこと、

ギスギスした人との関わり、常に時間に追われ消耗してしまう体‥)

私達はストレスの限界にきています。

 

 

 

今はストレスが、持続的なストレスに変わってきてしまったこと、

それに加え、このような持続的なストレスが

いくつもいくつも増え、

多くなって、自分で抱えきれないほどの

多くのストレスに押しつぶされてしまって

いる方が多くなっていることが大きな問題です。

そして、この問題が身体的な問題や症状を生む

原因となっています。

 

 

 

 

こんな状況には、私達人間が、

まだこの持続的な多くのストレスに

うまく適応するだけの能力を身に付けていない

ということも言えます。

 

まだ人間は進化の過程にいます。

 

 

 

この記憶の仕方によって起きる

「感情の問題」の大きな事は、

自分でその時の思いを言えなかったこと、

又はその時に葛藤があったことなど

いろんな要因があり、

自分の本当の気持ちを表に出せなかったこと

にあります。

 

 

 

 

そして、この記憶で特徴的なのが、

「無意識に記憶しているという事です。」

 

 

 

誰でも、いろんな出来事に遭遇し、

いろんなことを思い、その思ったことの感情の処理は、

行っていると思います。

 

言えなかったり、葛藤があった

にしても、自分の中での気持ちの整理は

できて、「もうこれで終わったこと」と

思い、自分の中では終わっていると

思って日々の生活を送っ手いるかと思います。

 

しかし、この記憶が無意識に残っていることが

あることで、この感情の問題は

起きます。

 

感情の問題に関しては、こちらをご覧ください

 

 

 

私達は、強く思ったり、「こういう事なんだ」

というような「自分が事実であると思ったこと」は、

無意識の記憶に留まり、それが自分の事実として、

無意識に記憶されるようです。

 

 

又、ふっと思ったり、感じたりしたことも

そんなに強烈な出来事でもないことなのに、

無意識の記憶として、

脳に定着してしまうことになり、

これが、感情の問題となって

体に影響を与えることになります。

 

 

 

 

意識に上る、ある出来事に関係したことを

解放したとしても、

この無意識に残っていることを

解放しない限り、

この感情の問題は、体に影響し続けます。

 

 

 

そして、葛藤や言えなかったことを

繰り返しく、何度も何度もこの

自分の気持ちを表現できなかった

ということが起きると、

精神が病んできます。

 

 

 

 

自分の思いが表現できない事は、

「こだわり」を作ります。

その思いにいつまでも留まってしまうことが

起きてしまいます。

感情も循環することが必要で、

例えば、「泣いた後に、笑う、そして又違う出来事で怒る」

といった感情が変化することが

正常な状態で、思いが残るという事は、

その感情の流れがストップしてしまい、

留まってしまいます。

 

 

 

 

このようなことが、無意識の記憶と

関係しているので、とても厄介な問題を

起こします。

それが、この留まった感情により、

時間をかけて体の状態に影響し表れてくることです。

 

 

 

 

このような感情の問題は、今多くの方の体の症状を

起こす要因となっています。

 

体が揺れる耳の閉塞感体のあらゆる部分の痛

耳鳴り不眠症‥ 数えきれない症状と

この感情の問題は関係しています。

 

 

当院は、このような症状の根本から改善します。

 

 

 

 

 

感情が体に影響を与えてしまうことについて、詳しくはこちらからもご覧ください

感情の問題が体の様々な症状に表れてしまった方の症例はこちらからご覧ください

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分