横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

横浜ホリスティック治療
キネシオロジー



関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

【コロナ安全対策実施中‼】

Zoomによる無料オンライン問診
実施中オンライン受付時間

(9:00~17:00)

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

症状別治療方法

立ったり、座ったり、下をむくことでめまいがする更年期障害が関係した症状の改善症例

はじめまして、横浜ホリスティック治療室の院長 国田康二と申します。

 

めまいにも、様々な症状があります。

 

立ったり、座ったり、下を向いたり、

体の姿勢で、めまいが出てしまったり、

又はめまいが強くなったりする症状もあります。

 

この姿勢を変えることで起きる、

めまいの原因と改善方法をご紹介いたします。

 

 

 

 

更年期障害の症状でめまいも起きていました 

(症例)Sさん 女性 (40代)

(症状)

・立ったり、座ったり、下を向くと、

 めまいがする

 

・首を動かす時、寝ていて横になっている時(横向き)にめまいがする

 

2年前ぐらいから肩こり、腰痛がある

 

・首から頭にかけてのぼせる感じがする

(顔が熱い)

 

・左耳が聞こえずらい(特に高い音)

 

・背中から首、頭にかけて締め付けられるような感じ

 

・手足がジンジンする、手足の冷え

 

・足の裏が熱くなる

 

・寒くなると指先があれる

 

・やる気が出ない、いつも不安がある

 

・体重が10キロぐらい増えた

 

・子宮筋腫

 

 

 

更年期の時期のめまい、耳が聞こえづらくなるのは
(副腎の働きの低下とも関係します)

更年期の症状と副腎の働きは
関係があります。

(治療経過)

この方は、「めまい」「聞こえずらい」

という自律神経症状に加えて、

「肩こり」「腰痛」「背中から首、頭にかけ

て締め付けられる症状」などがありました。

 

更に、最近では「手足がジンジンする」

「足の裏が熱くなる」という感覚異常もあり、

様々な症状が起きている状態でした

 

 このような様々な症状を抱えた方は多く、

これは、この方のように年齢とも関係があります。

女性では40代、男性では50代に近づいてくると、

体調の変化を感じやすくなります。

いわゆる更年期の時期に起きる、ホルモンバランスの変化による

体の変化です。

 

※「更年期障害」に関しては、詳しくはこちらをご覧ください

 

 

この「更年期障害」には、副腎という臓器の働きが

大きく関係します。

 

ある方は更年期の症状があり、又ある方は更年期の症状がない。

といった、更年期の症状が起きる、起きないの違いはなぜだと思いますか?

実は、この違いには「副腎」という臓器の状態が関係していることが

多いのです。

 

 

副腎の働きの大切さを知ることで
(更年期の時期の症状を早期に解決できます)

この方のように、

特に女性のこの時期の「のぼせ」「めまい」

など様々な症状が起きることが多くなるので

自分でも更年期だからかな。

と感じられる方も多いのです。

しかし、では、なぜ他の人は、あまり更年期

の時期に出ない方もいるのか?

 

この違いがある理由を知ることが、

この更年期の時期の めまいや耳の聞こえが悪くなる症状を

早く改善する為に大切なことです。

 

 

(更年期の時期に副腎の状態と関係がある原因とは?)

そもそも副腎という働きとは?ということになりますが、

副腎とは、あらゆる日常で起きるストレスを私達の体が対処する為に

常に働いている臓器なんです。

 

以下は厚生労働省が定める、ストレスを分類している項目です。

 

・ストレス要因 (化学物質)・医薬品、添加物、化粧品、シャンプー、殺虫剤など

(物理的なもの)・気圧、温度、湿度の変化、騒音、放射線、電磁波など

(肉体への負担)・手術、事故、外傷、炎症、感染など

(肉体的な疲労)・過度な労働、寝ていない状態、肉体労働など

(精神的なこと)・悩み、人間関係、親子の関係、夫婦関係など

 

こうした様々なストレスを一手に引き受けているのが、副腎なのです。

 

様々なストレスが私達の生活にあることがわかりますよね。

私達は気づかないうちに、副腎を疲れさせているのです。

 

更年期の時期に、この副腎は微量ながら性ホルモンを分泌していると

いいます。

 

子宮で出づらくなった性ホルモンを副腎が代用して分泌を補うのです。

しかし、この更年期の時期までに、上記のような様々なストレスで、

副腎が疲れてしまっていると、この更年期の時期のホルモンの分泌の

切り替えが上手くできなくなってしまうのです。

 

この為、更年期の時期に様々な症状が出る人、出ない人の違いが

出てしまうのです。更の今では、「環境ホルモン」という

生活の中に性ホルモンと同じ働きをする、人工性ホルモンという物の

多さも、更年期の時期のホルモンバランスの崩れを大きく起こす原因だと

言われています。

 

これは女性ホルモンのエストロゲンが過剰になることから、

エストロゲンドミナンス(エストロゲン優勢)という名前が付けられてます。

※環境ホルモンに関してはこちらからご覧ください

 

 

今までの食生活、生活習慣など、

このような今までの食生活も含めた習慣が、

更年期の時期に大きく関係してしまうのは、この為です。

 

今の食生活や生活習慣を見直すことが、この更年期の時期の症状を

根本改善することになります。

起きている症状を早期に改善し、根本的な解決となるのです。

 ※「副腎」に関する詳しい事はこちらからご覧ください

 

 

そして、身体的な症状(肩こり、腰痛)も、

この副腎の状態から起きる「更年期に磁気の症状」と関係があります。

 

自律神経の乱れが伴っていることで、体の緊張や肩こりや腰痛も起きやすく

なります。また、人によっては筋肉の状態から手足の痛み、しびれといった

症状が起きる人もいます。

 

今の副腎の状態には、生活の中の様々なストレスが関係しているのです。

忙しいという肉体的なストレスも含めて、日常の生活のストレスを

振り返ってみてください。

いろんなことに気づくかもしれません。

 

自律神経の影響に関してはこちらからご覧ください

 

 

 

 

体の各臓器には、関連する筋肉があります(ただマッサージをするだけでは筋肉の状態は変わらない)

なかなか肩こりが治らないのは、ちゃんとした理由があります。

この症例の方も副腎の働きと関係した状態で

した。実際に肩こりがあって、マッサージな

どの筋肉を緩めたりすることだけでは、体は

また張ってきてしまい、根本の部分を改善し

ていかないと難しいお体の状態でした。

 

先ほどお話した副腎だけではないのですが、

体の各臓器に関連する筋肉というものがありまして、臓器の状態によって

その関連する筋肉が硬くなったり、またはその筋肉の筋力が弱くなったりする

ことが起きます。この臓器と筋肉との関係も診ていく必要もあるのです。

 

ストレスと症状の関係、そして臓器と筋肉との関係など

様々な要因から、体に症状を改善していく必要があるのです。

 

この方法が、当院(横浜ホリスティック治療室)が行っております、

キネシオロジーという方法です。

当院が行うキネシオロジーという方法に関しては

こちらをご覧ください

 

 

 

 

筋紡錘とゴルジ腱の調整
(筋肉や神経の働きや同時に臓器の働きも良くなります)

筋紡錘とゴルジ腱の解剖図

では、どうやって臓器と筋肉との関係を理解

して肩こりや腰痛を改善していけば良いのか

というと、

 

筋肉の中の筋紡錘、ゴルジ腱という神経の働

きと密接に関係した部分があります。この部

分の調整をすることです

 

これは、受けている方は、「マッサージ」を受けているような感覚です。

しかし、マッサージのように筋肉に直接圧をかけていきます。

この施術の方法は筋肉の方向を考えて行う為、マッサージとは全く異なる方法

す。

 

 

この方法は、筋肉の状態そのものにも影響し、

神経の働きを正常、常ににします。過緊張した状態であった筋肉が柔らかく

り、通常の正常な筋肉の状態に戻ります。

 

 

このように神経の働きを改善したり

又はその筋肉に関係する臓器の働きを改善する為に

この筋紡錘、ゴルジ腱の状態を使うこの方法は、とても有効です。

 

 

この方にも。この治療を行いました。

筋紡錘、ゴルジ腱に関しては

詳しくはこちらをご覧ください

 

副腎と関係する筋肉は、ふくらはぎにある「腓腹筋」「ヒラメ筋」という

筋肉です。

ふくらはぎが張ったり、痛くなる理由については

こちらからご覧ください

 

 

 

実際に食生活と生活習慣を見直して頂きました

(食生活と生活習慣を見直す方法)

この方も実際に食生活や生活習慣を変える必

要がありました。

 

具体的にご説明します。

 

①アミノ酸(肉を減らして、その分、大豆タンパク、またえんどう豆タンパ

を多く摂ってもらいました。ビタミンも安全なマルチビタミンをご紹介して

摂り方にサプリメントを加えて頂きました

 

②生活習慣を変えるも必要があり、

・汗をたくさんかくことが必要でした。

(身体に溜まった毒素を排出する為

水を12ℓ以上飲む事もして頂きました。

(リンパ循環を良くすることが必要になる為)

 

そして、この方には自分の体に合わない物の影響もありました。

この方の今合わない物は、「小麦」でした。

(小麦を摂らないことをお勧めしますが、ストレスになる事もありますので

 少しづつ減らしていくこともお伝えしします)

 

このように生活全般のことが、

現在の更年期の時期の症状を起こしている原因になっていることは

とても多いです。

 

 

 

綺麗な水を摂取量が

体を改善する為に必要になることに関しては

詳しくはこちらからご覧ください

 

 

食べる物が体に与える影響に関しては

詳しくはこちらをご覧ください

 

自分に必要な栄養素に関しては、

こちらをご覧ください

 

このような食事や生活を変えること+身体への治療を行いました。

計9回で改善しました。

 

 

 

 

年齢と共に年々様々な症状が増えてしまう要因については
こちらからご覧ください

精神的なストレスが長く続き、自律神経を乱すことで
起きやすい症状についてはこちらからもご覧ください

院長からのメッセージ

院長 国田康二

(簡単なプロフィール)「資格」

塩川スクールオブカイロプラクティック本科卒業資格

塩川スクールオブカイロプラクティックガンステッド

                  学部卒業資格

タッチフォーヘルス レベル1~4           終了資格

キネシオロジー学会 臨床セミナー            終了資格

(社)アスリートウオーキング協会 アドバンス講座

                      終了資格

キネシオロジー体験会&健康勉強会 主催

病気予防(健康勉強会)朝活    主催

(社)自然予防医学推進協会 講師 理事

 

 

※(社)自然予防医学推進協会については、こちらからご覧ください

 

 

 

(院長のメッセージ)

現在は多くの「病院でも原因がわからない症状」で

悩まれておられる方も多く、こちらには、そうした

お問い合わせを多数頂いています。施術だけではなく、

生活習慣、食生活を改善することが不可欠です。

こうした施術以外の生活習慣、食生活、ストレス軽減

これらを「生活の中にいかに落とし込む事が出来るか?」

これが「根本から改善するポイント」です。 

 

【毎週金、土曜日に健康勉強会も行っています】

 詳しくはトップページの左上をクリックしてください!

 

同じ(社)自然予防推進協会の仲間であり、お友達であり、優秀な医師である

半農半医を実践されている豊田孝行医師の指導や助言も患者様にお伝えし、

又、豊田孝行医師が実践されている栄養療法を受けたり、又は予防医学セミナーの参加で

生活習慣や食生活の大切さを知って頂き、健康に対する意識を変えて頂く事も行っています。

 

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

新着情報

令和3年10月8日

関東では大きな地震がありましたが、いつでも動ける健康な体が大切だなと実感しました。


コロナ安全対策実施中‼
 

令和4年1月3日

オンライン個人セッションも行っております。

40分 5,000円(税込み)

ご希望の方は、ご連絡ください。



コロナ安全対策実施中‼
 
 

令和4年1月3日

新年あけましておめでとうございます。

年始は、1月5日(水)からです。よろしくお願いいたします。


コロナ安全対策実施中‼

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分