横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

体の痛み(肩や首、背中等)の症状は「自分の気持ちを抑え過ぎているからかもしれません」

症状別治療方法

体の痛み(肩や首、背中等)の症状は「自分の気持ちを抑え過ぎているからかもしれません」

患者様の症状で、「自分の気持ちを

抑え過ぎていること」で、何らかの

症状が起きてしまうということがあります。

 

 

首の痛みや張り肩の痛みやコリ背中の痛み腰の痛みや張り

又は(めまいのような頭や体が揺れる耳の閉塞感耳鳴り不眠症

視覚の症状「見える物が斜めに見える」「二重にダブって見える」

といった自律神経症状

 

 

 

 

 

海外では、幼い頃から

自分の好きな事、気に入っている物や事を

学校で皆の前で話す授業があるといいます。

(show and tell=ショー&テル)

※詳しくはこちらをご覧ください

 

 

 

 

これは、自分のパッション(情熱、激情、感動)を

相手に伝え、共有する能力を育てる事が目的で。

海外でこれを教育の中でそれを重視しています。

 

 

 

 

日本はどちらかというと

「間違えない人間を作り、それを量産する」

というような目的を重視している所があるようです。

 

 

 

私も今思えば、

そんなに自分で何も考えないで、

又は何も考える機会が

なくてもいい、有難い国にいたのだと

思っています。

 

 

 

 

 

しかし実際社会に出ると、

自分を表現しないといけない状況になって

いざそれをしようとしても

難しい方も多いのだと思います。

 

 

 

 

自分が感じている事や

思っている事を「言うこと」に

慣れていない、又は

「言うと周りからどう思われるのか」

いろんなことを考えて言えなくなる事が

あると思います。

 

 

 

 

たぶん、それは、

日本人特有と言っていい

感情の繊細さというか、細やかさの

表れかもしれません。

 

日本語には、英語にない表現の仕方も

あるぐらいですから。

「いただきます」「ごちそうさま」

(食事の前後に感謝の意をの述べること)

「おつかれさま」「たすかったよ」

という言葉も英語には「これ!」といった

表現方法がないようです。

 

 

 

 

 

これは実は日本人がとても繊細で

心遣いが出来る民族だということです。

とても誇らしい民族だと

思っていいと思います。

 

あとは、パッションを上手く

表現するようになれば、どの民族にも

ない、すばらしい民族だ思います。

 

 

 

 

このような様々な症状が起きる要因には、

「自分の気持ちを抑えていたこと」など、

身体と気持ちのや心の部分の関係性で起きることがります。

 

当院では、キネシオロジーという方法で

様々な症状の要因を身体から臓器、過去の事故や外傷、

気持ちや精神的な部分など

広い範囲からお調べして、

その方の今のお体に合った方法で改善していきます。

 

どうしても良くならない症状の方は

ご連絡ください。

 

 

 

その他のメニュー

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分